Remodeling

ダイエット

体重は落ちたのに、体形が全体的にしぼみ、目指す体形に近づいていないという方を今まで多く見かけてきました。
体重のみで判断するダイエットでは、体脂肪が減少したかはわかりません。体脂肪が減らずに、筋肉が痩せ細ってしまっただけの可能性もあるのです。
私のパーソナルトレーニングでは、体重の他にも、見た目、ウエスト、体脂肪率などを判断基準に加えることで、筋肉を減らさないようにしながら体脂肪のみを減らしていきます。この、筋肉を減らさないようにダイエットをすることがとても大切です。
その為には、筋力トレーニングは必須となります。
有酸素運動のみのダイエットでは筋肉の分解、減少を防ぐことができません。
なぜなら筋肉に対する刺激が弱すぎるため、体が余分な筋肉は必要ないと判断し、エネルギーに変えてしまうためです。
また、筋肉の材料となる十分なたんぱく質の摂取も必須です。
体脂肪が減り、筋肉の形が際立つことで体形が変わりますので、この筋力トレーニングと食事管理の組み合わせが最も重要であり、ダイエットを成功させる上で最も確実な方法となります。
私のパーソナルトレーニングでは、一時だけ痩せる刹那的なダイエットや、流行り廃りがあるダイエット法は用いておりません。
科学的根拠に基づいた、健康的なダイエットをご提案致します。

【正しいダイエットのメカニズム】

体脂肪を減らすためには、摂取カロリーを消費カロリーより少なくする必要があります。身体はエネルギーが足りないと自分の身体を削ってエネルギーを捻出しますので、これができていないといつまで経っても体脂肪が減ることはありません。では糖質制限をしたり断食をすればいいのか?
違います。
食べる量を減らせば体重はすぐに減っていきますが、それでは筋肉まで失うことになります。筋肉が減ると、代謝が落ちて太りやすくなります。体力が落ちて疲れやすくなります。身体が全体的にしぼみ、目指す体型から遠ざかってしまいます。何もいいことはありません。
それでは筋肉を減らさないように体脂肪だけを減らすにはどうしたらいいのか?
答えは、【筋トレをしながら高たんぱく低カロリーな食事を摂り続ける】です。
筋トレによって筋肉に強い刺激を与えることで脳は「この筋肉は生きていくのに必要だから残しておこう」と判断します。反対に筋トレをしないダイエットでは筋肉に対する刺激がないため、脳が「余分な筋肉は必要ない」と判断しエネルギーに変えてしまいます。
足りないエネルギーを体脂肪から捻出させるのか?それとも筋肉から捻出させるのか?ここが成否の分かれ目となります。

【食事内容】

お客様の基礎代謝量や運動量にもよりますが、女性で1日1500キロカロリー前後、男性で1日2000キロカロリー前後からスタートし、体脂肪の減り具合に合わせて摂取カロリーを増減させていきます。
カロリーは、たんぱく質(1gあたり4kcal)、脂質(1gあたり9kcal)、糖質(1gあたり4kcal)のマクロ栄養素と呼ばれる3つから成り立っています。この3つをバランス良く摂取することで、筋肉を減らさないで健康的にダイエットすることができます。カロリーやマクロ栄養素は商品であれば栄養成分表に記載があります。わからないものはネットで検索できます。

ボディメイク

身体をひと回り大きくしたい、全体的に引き締まったカッコいい身体になりたい、ヒップアップしたいなど、理想の身体は人それぞれです。しかし、すべてに共通して言えるのは、筋肉に手を加えなければ身体をデザインすることはできないということです。筋肉に手を加えるとはつまり、筋力トレーニングです。筋力トレーニングなしに、その望みを叶えることはできません。
「ムキムキになりたいわけじゃないんだけど…」と、筋トレに対し否定的な思いを抱いている方もいらっしゃるかもしれません。でも安心して下さい。筋肉はそう簡単には筋肉隆々というほど大きくなりません。特に女性は、筋肥大に大きく貢献する「テストステロン」という男性ホルモンの分泌量が、男性のわずか5%程度です。加えて、筋肉と脂肪とでは筋肉の方が比重が高いので、筋肉を1kg増やして脂肪を1㎏減らせば、身体の体積は元より小さくなっています。筋肉量を増やし、体脂肪量を減らせば、見た目がまるで違って見えるのです。
皆様の【理想の身体】は一人一人違います。しかし、その理想の身体は全て、トレーニングによって作られたものなのです。何もしていない人の身体からは、強い魅力は醸し出されません。
筋肉は、トレーニングによって髪型のように自分好みの形に変えることができます。
ご自身が目指す身体に向かって筋肉をバランスよく太くし、より魅力あふれる身体へ。
あなたの理想に沿ったボディメイクをご提案致します。